ヴェネチア、トロントなど数々の映画賞を獲得した巨匠フォン・シャオガン監督最新作

チャン・ツィイー主演「女帝エンペラー」(06)や「戦場のレクイエム」(07)「唐山大地震」(10)などを手がけ、これまで中国国内最大の映画賞である金鶏百花奨を5回、ヴェネチアやトロントでも受賞歴があり、ハリウッドのエージェント会社CAAとも契約、今や中国を代表する巨匠フォン・シャオガン監督が、軍の歌劇団である文芸工作団(=文工団)に所属した自らの若き日の記憶をよみがえらせ、同じく若き日に文工団に所属し、「シュウシュウの季節」「妻への家路」で知られるゲリン・ヤンの原作をもとに、満を持して映画化した本作。中国で公開されるや2週連続1位を獲得し、1ヶ月で興収230億円という爆発的な大ヒットを記録、文芸ドラマというジャンルにも関わらず年間興収ベスト10入りを果たし、国内の映画賞を席巻、のみならずアジアのアカデミー賞と呼ばれるアジア・フィルム・アワード最高の最優秀作品賞に輝いた。

4000万人が涙した、美しく切ない青春ラブストーリー 1970年代の中国- 激動の時代に軍歌劇団として前線で生きる若者たちがいた

4000万人が涙した、美しく切ない青春ラブストーリー 1970年代の中国- 激動の時代に軍歌劇団として前線で生きる若者たちがいた

物語は、軍で歌や踊りを披露し兵士たちを時に慰め時に鼓舞する役割を担う文工団に、17歳のシャオピンがダンスの才能を認められ入団するシーンから幕をあける。周囲となじめずにいる彼女の唯一の支えは、模範兵のリウ・フォン(ホアン・シュエン)。しかし、時代が大きく変化する中、ある事件をきっかけに、二人の運命は非情な岐路を迎えるー。何十年にもわたる関係を軸に、文工団の若者たちの初恋と交錯する想いが、心に沁みる美しい音楽と踊りに彩られ、描かれる青春ラブストーリー。

シャオピンを演じるのは、純粋でまっすぐな眼差しが印象的な新星ミャオ・ミャオ。シャオピンが一途な想いを寄せるリウ・フォンを演じるのは染谷将太主演の「空海―KU-KAI― 美しき王妃の謎」で白楽天を演じたホアン・シュエン。 みどころは、文工団のダンサーたちが踊る、京劇と現代的なバレエを融合させた華麗で躍動的なダンスと、楽団員たちが様々なシーンで奏でる、心を揺さぶる音楽の数々。

激しい戦線のすぐ傍らで、青春を送る若者たちの日々。裕福で時代の変化にうまく乗る者。貧しくとも誠実に生きる者。時代に残酷に翻弄されながらも、彼らの若さ輝く瑞々しいきらめきと純粋な想いは、観客の胸をしめつけ、深い余韻とともに心に刻み込まれる。

ホアン・シュエン(黄軒)

リウ・フォン(劉峰)

“レイ・フォン(雷峰)2世と”称されるほど文工団の模範的存在。林丁丁に特別なやさしさをみせる。

1985年3月3日、中国・甘粛省生まれ。マイケル・ジャクソンに憧れダンスの道を目指し、北京舞踏学院の演劇部を卒業。チャン・イーモウ監督の『王妃の紋章』(06)に抜擢されたが、脚本の年齢設定変更で降板し、07年の『地下的天空』で映画デビュー。その後、フルーツ・チャン監督が参加したオムニバス『愛してる、成都』(09)、ハーマン・ヤウ監督の 『青魇』(12)、アン・ホイ監督の 『黄金時代』(14/第27回東京国際映画祭上映時タイトル)、ロウ・イエ監督の『ブラインド・マッサージ』(14)に出演。最近では、アクション映画『ミッション:アンダーカバー』(17)で主演を務め、チェン・カイコー監督の日中合作映画『空海-KU-KAI- 美しき王妃の謎」(18)では白楽天を演じるなど、いま最も注目される俳優の一人である。ドラマは、「黎明前的暗戦」(11)、「ミーユエ 王朝を照らす月」(15)、「私のキライな翻訳官」(16)、「女医明妃伝~雪の日の誓い~」(16)、「創業時代」(18)などがある。

ミャオ・ミャオ(苗苗)

ホー・シャオピン(何小萍)  ダンス

労働改造所にいる父を想い、文工団で新たな一歩を踏み出す。唯一優しくしてくれた劉峰を想う。

1988年11月29日生まれ。北京舞踏学院を卒業。07年に、ドラマ「誰在説謊」で女優デビューし、翌年「身份的証明」(08)にも出演。その他、「楚喬傳」(16)、「愛上你治愈我」(17)にも出演。本作ではヒロインを演じ、第25回北京大学学生映画祭・新人賞を受賞するなど注目を浴び、アーロン・クオック出演の映画『六月的秘密』(18)に出演予定。

チョン・チューシー
(英語名:エレイン・チョン)(鐘楚曦)

シャオ・スイツ(小穂子)  ダンス

映画のストーリーテラー。陳燦にいつか想いを伝えたい。

1993年3月18日、中国・広東省生まれ。上海戯劇学院を卒業後、13年、ドラマ「愛的婦産科」で女優デビュー。その他、「愛情回来了」(14)、「朋友圈儿」(15)、「煮婦神探」(15)、「国土無双黄飛鴻」(16)に続けて出演。映画は、16年の「脱単告急」でスクリーンデビュー。本作では、第25回北京大学学生映画祭新人賞を獲得。最新作に、ジャッキー・チェン主演の『神探蒲松龄』(19)が控える。

ヤン・ツァイユー(楊采鈺)

リン・ディンディン(林丁丁)  歌唱

劉峰も好意を抱く、文工団の男たちを惑わす美人。劉峰から愛の告白を受けるが、、、

1992年9月28日、中国生まれの女優、歌手。03年、TVアニメ「封神演義 〜ナタクの大冒険〜」でエンディング・ソング「少年英雄小哪吒」を歌い、その後米国に留学。11年に帰国し、北京電影学院に入学。翌12年に、ドルフ・ラングレン出演の映画『レイク・モンスター 超巨大UMA出現!』に出演。その他、『1980年代的爱情』(14)や、『夏、19歳の肖像』(16)に出演。本作では、第1回サイパン国際映画祭・最優秀女優賞を獲得。最新作に、ドラマ「七日生」(18)がある。

リー・シャオファン(李曉峰)

ハオ・シューウェン(郝淑雯)  司会・アコーディオン

明るさと気高さと嫉妬深さを持つ寮長。小萍をいじめるリーダー。

1982年7月17日、中国・安徽省生まれの女優、司会。成都工科大学を卒業後、06年に、バラエティ番組「劇風行働」の司会を務める。14年には、インタビュー番組「晓朋友」に出演。ドラマでは、08年の「知县叶光明」に出演した他、「酸甜苦辣小夫妻」(14)、「我为儿孙当北漂」(14)に出演。16年の「猎人」では、ホアン・シュエンと共演。15年、ラブコメディ映画『愛之初体験』に出演。17年には、歌手として、2枚目のシングル「是初恋」を発表。

ワン・ティエンチェン(王天辰)

チェン・ツァン(陳燦)  トランペット(ラッパ)

明るい文工団の人気者。穂子と親密な仲になりそうだが、、、。

1993年2月4日、中国・北京生まれ。上海戯劇学院の演奏部門を卒業。14年に、第6回上海戯劇学院のドラマコンテストで3位を獲得し、最優秀ファッション賞も受賞。15年の『保持沈默』で映画デビューし、翌16年に、華誼兄弟時代文化経紀有限公司と契約を結び、同年、ドラマ「孤高の花~General&I~」に出演。本作では、第34回大衆電影百花奨・最優秀新人賞を獲得。今後、 「帰去來」(17)、「唐砖」(17)、「一身孤注掷温柔」(18)、「跨界歌王第三季」(18)と出演作が続く。

ヤン・スー(蘇岩)

文工団・分隊長

1974年9月5日、中国・山東省生まれ、山東美術大学演劇科を卒業。93年、チャン・イーモウ監督の『活きる』に出演。04年に出演した『风起云涌』で、中国電影華表奨新人賞を受賞。スタンリー・クワン監督の『長恨歌』(06)では、香港電影金像奨で最優秀助演女優にノミネート。翌年、アン・リー監督の『ラスト、コーション』(07)にも出演。15年には、フォン・シャオガン製作、タン・ウェイが出演の『命中注定』にも出演。その他、TVドラマにも多数出演している。

チャオ・リーシン(趙立新)

文工団の政治委員

1968年8月29、中国・河南省生まれ。俳優以外に、監督、脚本なども務める。中央戯劇学院に在学中、モスクワ国立映画大学でも博士号を取得。卒業後、スウェーデン国立劇場に入り、俳優のキャリアをスタート。00年に中国に戻り、数々のTVドラマに出演。主な作品に、「走向共和」(01)、「大明王朝 ~嘉靖帝と海瑞~」(06)、「西遊記」(09)、「永不消逝的电波」(10)があり、「九河入海」では主演を務める。11年と12年に続けて、フー・メイ監督の「開天辟地」「曹操」に出演。15年には、スン・リー主演、ホアン・シュエン共演の「ミーユエ 王朝を照らす月」に出演。「于無声処」(14)では、第22回上海電視節助演男優賞。映画ではアーロン・クオック主演『全民目撃』(13)、チャン・チェン主演『ブレイド・マスター』(14)、ニコラス・ケイジ主演『ザ・レジェンド』(14)、『20歳よ、もう一度』(15)などに出演。フォン・シャオガン監督作品には『わたしは潘金蓮じゃない』に出演している。

監督・製作:フォン・シャオガン(馮小剛)

1958年、中国・北京生まれ、湖南省湘潭市出身。85年に北京電視芸術中心でアート・ディレクターを務めた後、91年に、中国初のTVコメディ「編輯部的故事」で脚本を担当し、「北京人在纽约」(94)で初監督。同年、映画でも『Gone Forever with My Love』(94)でも初めて監督を務め、その後、ドナルド・サザーランド出演の『ハッピー・フューネラル』(01)や『手機』(03)が興行的にヒットし、映画監督としての地位を確立する。アンディ・ラウ主演の『イノセントワールド -天下無賊-』(04)では、金馬奨・最優秀脚本賞を受賞、チャン・ツィイー主演の『女帝 エンペラー』(06)では、ヴェネチア国際映画祭スペシャル・メンション、そして、『戦場のレクイエム』(07)でも金鶏奨・作品賞&監督賞、金馬奨・主演男優賞を受賞。さらに、16年の『わたしは潘金蓮じゃない』では、トロント国際映画祭・国際批評家連盟賞、サンセバスチャン国際映画祭・作品&主演女優賞を受賞し、国内外で高い評価を獲得。また、俳優として主演を務めた『ロクさん』(16)で、金馬奨・主演男優賞を受賞している他、15年には、フランスの芸術文化勲章シュヴァリエ賞を受賞している。その他の監督作品に、『遥かなる想い』(98)や、北海道を舞台にした『狙った恋の落とし方。』(08)、『唐山大地震 』(10)、『私人定制』(13)、『一九四二』がある。

製作:ワン・チョンジュン(王中軍)&ワン・チョンレイ(王中磊)

1960年生まれの兄・ワン・チョンジュンと1970年生まれの弟・ワン・チョンレイ兄弟は、94年に、映画製作会社・華誼兄弟傳媒股份有限公司(フアイ・ブラザーズ・メディア)を設立。これまでに数多くの作品を製作。主な作品に、『墨攻』(05)、『ドラゴン・キングダム』(08)、『ライジング・ドラゴン』(12)、『カンフー・ジャングル』(14)があり、フォン・シャオガン監督では『唐山大地震』(10)、『一九四二』(11)を製作。ハリウッド作品では、『ジョン・ウィック』(14)、『スウィート17モンスター』(16)、『モリーズ・ゲーム』(17)、『マイル22』(18)がある。

原作:ゲリン・ヤン(厳歌苓)

1958年11月16日、中国・上海生まれ。アメリカ在住の作家で、脚本も手がける。自身の作品は、中国語、英語のほか、フランス語、オランダ語、スペイン語、日本語などに翻訳され、その多くがテレビや映画などで映像化されている。映画化された作品には、ジョアン・チェン監督の『シュウシュウの季節』(98)、チェン・カイコー監督の『花の生涯~梅蘭芳(メイランファン)~』(08)、チャン・イーモウ監督の『妻への家路』(14)がある。脚本では、ホ・ジノ監督の『危険な関係』(12)がある。これまでに30を超える文学賞、映画賞を受賞し、小説や短編は20か国語以上に翻訳されている。コロンビア・カレッジ・シカゴの修士号を持ち、中国作家協会と全米脚本家組合に加盟している。

音楽:チャオ・リン(趙麟)

1973年、中国・西安生まれ。有名な作曲家である趙治植の息子。
5歳でピアノを始め、96年に中央音楽学院を卒業後、中国中央民族楽団に入団。01年、父親と音楽スタジオを設立し、映画やテレビの音楽制作に特化し、活動。04年には、世界的チェリストであるヨーヨーマと共同で作品を手掛ける。14年と16年にはCCTVの春祭ガラの音楽監督を務めた。映画音楽では、「北極ヴァイオリン」(02)、「春の惑い」(02)、「デスパレード 愛されてた記憶」(07)、「女と獣と荒野の麺屋」(09)などがある。